ジャガー XJR-S 6.0

年式:1993/H5
走行距離:0.6万km
外装色:ブルックランズグリーン
内装色:クリームオートラックス
車検:29年4月
低排出:-
修復暦:なし
中古車
排気量:5990cc
定員: 4名
全長×全幅×全高(cm): 482×181×125

XJR-Sは、1989年に当時ジャガーカーズと、1984年にXJ-SレーシングでETCチャンピオンになり、その後グループCジャガーでルマン24時間レース等で大成功を納めたTWR(トムウォーキンショウレーシング)との合弁会社によって製作、販売されました。エアロパーツが付いている位の違い位にしかノーマルのXJSと違いが無いように日本では思われていますが、実際はTWRの手によるチューニングは多岐にわたり、コスワースによってチューニング、排気量アップされた6リッターV12エンジン(その後に出る市販の6リッターエンジンとは異なる、別のエンジンです)、変速の滑りを抑えたA/T,油圧を絞ってノーマルの軽いパワーステアリングを適度に重くしたパワーステアリング、専用のコイルスプリング、ロールを抑えるために太くなった専用のスタビライザー、ビルシュタイン製の専用ダンパー、スピードライン製の専用ロードホイール、インテリアでは専用のオートラックスレザーを全面使用するなど、ノーマルのXJSとは一線を画す仕様になっています。新車時の販売価格は当時、1550万円でした。
今回入庫したこの個体は、正規輸入された数少ないXJR-Sの内の1台で、12台目の車になります。
実走行6800Km弱、実質1オーナーの元で23年間もの間保管されてきたものを、当社で新車時の状態に限りなくリフレッシュ致しました。
多分、世界中に現存しているXJR-Sの中では、もっとも走行距離が少なく、最もコンデションが良い個体なのでは、と思われます。XJR-Sで今後先ず、この様な個体に巡り合える事は無い、と思われます。