ディムラー ソブリン 4.2クーペ

年式1977/S52
走行距離20,000mile
外装色ダークブルー
内装色ダークブルー
車検32年2月
低排出-
修復歴なし
中古車
排気量4230cc
定員 5名
全長×全幅×全高(cm) 482×174×136

外装色:ダークブルー/ブラックレザートップ
内装色:ダークブルーレザー

Daimler Sovereign 4.2 Coupe。総生産台数僅か1677台。
Sr.2ベースの優雅なこのクーペは、1975~77年の僅か3年間のみ生産/販売されました。日本に輸入されたのは、
Jaguarブランド版で北米仕様、左ハンドルのみで、5マイルバンパーを持たない、本国/ヨーロッパ仕様のすっきりとした
本来のSr.2ボデイになっています。Jaguarよりも高級ブランドとして位置つけされたこのDaimler Coupeは本国仕様、と
なります。今となっては、元々台数が少ない上に特に腐食し易いこのシリーズは、勿論程度の良い個体は殆ど残っておらず、先ずボディを修理/レストアをするにしても膨大な手間とコストが掛かるのは必至です。
1995年に英国から輸入されたこの個体は、新車時からボディにジーバード処理を行っており、極小のオーナー数、そして実走と考えられる僅かな走行距離(2万マイル!)と相まって、ボディに腐食は皆無の状態で輸入、現在に至っております。
内外装は全てオリジナルコンデション、唯一日本に輸入されてから後付けで付けられたクーラー(エアコンは本国では当時
オプション扱い)も大変凝った取り付けで、エバポレーター等のエアコンユニットは全て純正と同じくダッシュ内に収まっています。
弊社に昨年の9月に入庫したこの個体。内装/外装/機関関係の全ての部分を、本来この車が持つ状態に戻すべく作業を開始し、現在は何も手を入れる必要のない状態にまで仕上げてあります。。1968年のXJのデビューから今年で50周年、本国では様々なイベント等が行なわれていますが、歴代XJの中でも唯一優雅なクーペボディを持つこの個体を、今乗るのは最高にお洒落だと思います。