Blog Archive

image

CSP/SP/SR311 Year!

1967年SR311 ローウインドウ。

今年は何かとSP/SR、そしてCSP(シルビア)にご縁がある摩訶不思議な年です。

その場でSOLD,になりました。

レーシングエラン26R仕様

Team Ikuzawa Collection の中には未走行のレーシングエランもあります。

詳しくは弊社ホームページ、Stock Cars からOther Vehicles でご覧いただけます。

Team Ikuzawa Collection

ジャガー及び英国車がメイン車種ですが、この度日本を代表する国際的なレーシングドライバーであり、日本人唯一ポルシェのワークスレーシングドライバーでもあった、生沢徹氏のコンセプトに共感するところがあり、弊社ホームページ Stock Cars に”Other Vehicles”というページを追加。その中に

”Team Ikuzawa Collection”という題名で、生沢氏がお持ちの主としてポルシェ964シリーズを販売する事になりました。ご興味のある方は是非ともご覧になってください!

3.8&4.2エンジンO/H

Sr.1 E-Type 3.8&4.2 クーペのエンジンフルオーバーホール/搭載同じタイミングで完了。

手前の3.8はビスポークフルレストアになります。

完了。

 

未来のル・マンジャガー?

2021 Jaguar Vision Gran Turismo SV

フォーミュラEであるi-type, の開発と同じエンジニアが全面設計、ゲームの

グランツーリスモの為に製作したオールエレクトロニックのバーチャルレーシングカーが

ジャガーコレクションセンターに展示されたそうです。

You Tube、にもバーチャルの走行シーンが出ていますが、これどう思われますか?

Concorde

一度は乗ってみたかったコンコルド。

1978年のSr.2 Daimler Double-6のパンフレットにも登場。

当時の英国を代表する工業製品。

確か騒音の問題で短命で終わった記憶が。成田空港にも一度飛来しましたね。

今見ても格好良い

CSP311

予定もしていなかった結構迷惑な4連休。

クーラーもない初代シルビア(CSP311)の商談で代官山へ。

緊急事態宣言の最中なのに町は賑やかです。

レストモッド

この頃は国産車のレストモッド(造語。現代風にモディファイしたレストア)も良く聞くようになりましが、

知りうる限り1980年代初め、今から既に40年程前にジャガーではMK2をベースに近代的な装備、例えば

近代的なオートマティックミッションやステアリングシステムに変更、クーラー及びエアコンシステムの導入、

パワーウインドウに変更等、一寸気楽に乗れそうだな、と思われる装備への変更/取り付けが一時ブームとなり、

そのはしりがVICARAGE,というスペシャリストでした。

その後E-Typeなどに車種を増やして行きましたが、やはり基本的に旧車は旧車。

現代の車の様に使うにはあらゆる面で無理がありました。今はちょっと下火ですね。

レストモッドよりオリジナルになるべく戻すレストアをして楽しむ。

この方が個人的には本来の旧車の楽しみ方だと思います。好みの問題ですが。

写真の個体の様に、パワステ付き現代のオートマ、良く効くクーラーや便利なパワーウインドウを備え、豪華なウッドフェシアに

鮮やかなソフトレザーを備えたE-Type Sr.13.8 Fhc も大変魅力的ですが。。。

二台目のE-Typeであれば欲しいかもですね。

 

DD6 Two-door

今迄ダイムラーダブルシックスクーペ、という名称と思っていましたが、

正式な名称は ダイムラーダブルシックスツードア、だったようです。(日本語的に言うと12気筒ダイムラーの2ドア)

いずれにせよXJシリーズ2の時代に、1975-77年の僅か3年間のみクーペ版が生産された中で

ダブル6の2ドア版は僅か407台しか生産されなかった実に希少な車種であることは事実。

このモデルに2ドアがあったのをご存じない方も多い中、DD6の2ドアがあったとは結構知られていないかと思います。

弊社でもDD6の2ドアの取り扱いは、この車を含めて僅か2台ほどになります。

勿論ダイムラー版は正規輸入はされていませんでした。

JAGUAR Sport XJR-15(R9R)

1991年にF-1の前座で3レース(Monaco/Silverstone/Spa)行われたXJR-15のワンメイクレース

Inter Continental Challenge(写真はイギリス)の様子です。このところのJaguar Sport 繋がりで思い出しました。

これももう30年も前になるのですね。日本人オーナーが2台走らせていました。(No16 FLUX)

バブル経済が破綻する前、日本人個人投資家など

が内外のモータースポーツに数多く参入していた良き時代ですね。