Blog Archive

image

ベテランの選択

ホィールサイズは前後同じ(6.5J,オリジナルは5J)ですが、前後のタイヤの太さを変える昔ながらのE-Type Sr.1の走る事を意識した

セッティング。勿論タイヤのハイトも違います。流石ジャガーカークラブ(J.C.C)の会長さんらしい、通好みのセットです。

Cloth Hood

E-Type Sr.3 のオリジナルであるビニール製のソフトトップを布製のソフトトップに変更する

作業を行っています。同色のブラックから素材のみの変更になりますが、質感の向上はやはり素晴らしいですね。

シングルナンバー

イギリスを代表する国民車であるMINI,とドイツを代表する国民車のビートル。

同じ1967年(昭和42年)にそれぞれ当時の正規輸入/販売元から登録されたこの二台。

旧い輸入車は、当時正規に輸入されたものは数が少ない上に残存率も低いが故に、希少且つその個体の素性もしっかりしています。

54年前の新車時に初めて付けられた”品川5”というナンバープレートを、今まで保持してきたこの二台は更に希少ですね。

当時のナンバーはプライスレス、です。

 

紅葉の季節

心配していた雨も上がり、軽井沢の凛とした空気の中で無事にご納車。

黒に見えますが、ダークブルーのこのSr.3 E-Type OTSはクロームが映えてとても

美しい風景にマッチしていました。ここの環境で乗るには最高のクルマですね。

Range Rover Suffix A

レンジローバーという名前が付いた一番最初のモデルであり、本当の意味でのオリジナルレンジ、1971年モデルであるSuffix Aを

イギリスより直輸入致しました。これでヒストリックカーをトレーラーに載せて引っ張ったら相当良い雰囲気でしょうね!

詳しくは弊社ホームページStock list、をご覧下さいませ。

CSP/SP/SR311 Year!

1967年SR311 ローウインドウ。

今年は何かとSP/SR、そしてCSP(シルビア)にご縁がある摩訶不思議な年です。

その場でSOLD,になりました。

レーシングエラン26R仕様

Team Ikuzawa Collection の中には未走行のレーシングエランもあります。

詳しくは弊社ホームページ、Stock Cars からOther Vehicles でご覧いただけます。

Team Ikuzawa Collection

ジャガー及び英国車がメイン車種ですが、この度日本を代表する国際的なレーシングドライバーであり、日本人唯一ポルシェのワークスレーシングドライバーでもあった、生沢徹氏のコンセプトに共感するところがあり、弊社ホームページ Stock Cars に”Other Vehicles”というページを追加。その中に

”Team Ikuzawa Collection”という題名で、生沢氏がお持ちの主としてポルシェ964シリーズを販売する事になりました。ご興味のある方は是非ともご覧になってください!

AstonMartinDB7GT

総生産台数302台の内の右ハンドルは84台、さらに希少なマニュアル6速ミッション

を装備した整備/仕上げ済みのDB7GT,が入庫します。詳しくは弊社ホームページStock list、を

ご覧ください。